住んでみないとわからないこともある

現在の場所に家を購入したのは
32歳になる直前
35年ローンとかを考える

 

上の子が翌年には幼稚園に
下の子はまだ生まれたばかり
じゃあ買うなら今かと思い
まずは「家を買う」という意気込みだけ31歳の時に宣言

 

私も配偶者も1戸建てで育っているので
マンションという考えはありませんでした
ただ、住めればいいというわけでもないので

 

・勤務地から車でも通勤40分ぐらい
・駅は希望としては地下鉄
・配偶者の実家に帰りやすい
・できれば私の実家にも帰りやすい
・そこまでゴミゴミしていない
など、夫婦二人の希望をとりあえず羅列

 

まずは住みたい!!って考えだけで
ネットサイトを色々みて、現地訪問をしてみたが
いいねと思っても値段があわない

 

結局右往左往しているとこで、わからないことだらけなので
実の父親に相談(と若干の出資)

 

結果として親子で場所を相談し
現地で土地の印象を見て確認
最初から夫婦ともに建売で考えてました

 

「レイアウトを考えるのが面倒くさい」(配偶者)
「使っていく内になれる」(私)

 

という考えだったので、値段と立地を見て決定
当初の色々な希望が全て叶ったわけではないですが
父親の協力の下、8割ぐらいは希望が叶った場所で
新しい生活を始めました

 

叶わなかった部分として
・地下鉄沿線沿い
・近くにスーパーがある

 

などがあげられます
とはいっても家から歩いて3分で駅があり(2駅で地下鉄との接続駅)
車さえあればスーパーは行けるので
特に不便な所もありませんでした

 

住んでから判明したこともありましたが

 

・中心部にバス1本で行ける(それも始発〜終着)
・高速に近いため、私の実家にも1時間30分あれば帰れる(配偶者は高速なしで25分)
・大きなショッピングモールには車があれば20分程度で3か所ぐらいある
・線路沿いの家ですが、おもったよりうるさくない(本数がそれほど多くない)
・両隣や近所もちょうど似たような時期に引っ越しており
 子供の年齢も近いため、つきあいが自然とできてコミュニティも築けた

 

など良い点のほうが多かったです
悪い点として

 

・ゲリラ豪雨の時に若干の不安を覚える
・思ったよりも治安は良くはない

 

などもありますが、それよりも良い点のほうが多いため
周りの環境に恵まれてると思います。

 

建売で買った家も
最初は玄関あけてまっすぐに風呂場が見えるのが
配偶者は嫌だったみたいですが
現在は「まぁ、戸をしめればなんとでもなる」
家にあわせた生活にすれば良いと思ったので
今の所は家も不自由なく暮らしています

 

当初考えてたよりも
住み心地は非常によく、実際に住んでみないとわからないことが多くあると思います
今回は良い方向に転がりましたが
一生住むのであれば、昼や夜両方見たほうが良いかと思います